M3ありがとうございました

 遅ればせながら、先日のM3で「polar pluto production」のスペースに立ち寄って下さった皆様、誠にありがとうございました。

 

 こうしたイベントで出展側になるのは人生で全く初めてだったのですが、多くの方に作品を手に取って頂くことができ、貴重な体験を色々とさせて頂きました。


 twitterでもちょっと書いたことがあるのですが、自分の作品に関心を持って下さる方がいて、聴いて頂けるというのは、こんなインターネットの隅っこまで根気強く情報収集をされている方々のお陰だと常々感じます。さらに言えば、隅っこまで掘る価値があるということを知らしめた同人音楽の先人達のお陰だと思うのです。そういったことを改めて実感することのできた一日でした。ところでpolar plutoというのは「冥王星の極地」、要するに「隅っこの隅っこ」的なニュアンスでサークル名にしました。

 

 また、これまで大学のDTMサークルを中心とした限定されたコミュニティに身を置いていたのですが、様々な年代、ジャンル、活動形態の方が一堂に集まる場に実際に足を運んだことで、自分も作曲をマイペースに末永く続けていけばいいのだと感じることができました。そんなわけで今、焦りや劣等感といった憑き物が幾分落ちたような気持ちで、音楽を聴くのがすごく楽しいです。入ったばかりの初任給を惜しげもなく使ってしまいましたが、たくさんの素晴らしい作品を手に入れることができてこの一週間くらい毎日幸せです。

 

 今後の予定としては、新しいEPを携えて次回のM3に参加できたらいいなと考えております。大方の構想は出来ていてタイトルも既に決定し、去年の年末から2~3曲作業に着手しています。何だか無駄に良いペースのような気がしますが、内容的にもタスク的にもヘヴィそうなので覚悟しています。完成した暁には驚きをもって成長を見届けて頂けるよう、精進して参ります。

 

2017/05/08

toki nakayama